ジスロマック・ジェネリックの基本情報

ジスロマックとは
ジスロマックとは、細菌を殺したり、細菌の発育を抑えたりする働きがあるロライド系の抗生物質です。クラミジアや淋病などの感染症によく用いられている治療薬です。ジスロマックの主成分はアジスロマイシン水和物ですが、アジスロマイシンとも呼ばれています。ジスロマックはクラミジアや淋病の治療にいい効果があるだけでなく、他の性病や肺炎、気管支炎などの病気にも役立ちます。更に歯周病、副鼻腔炎の治療薬としても使われています。

ジスロマックの効果と服用
ジスロマックの効果について、ジスロマックは、病原細菌のタンパク質の合成を抑制することによって抗菌効果を発揮します。ジスロマックに含まれているアジスロマイシンという成分は胃酸による影響を受けにくい性質があり、また高い組織内濃度を維持することができますから、他の抗生物質と比べて、効果が強くて、効果の持続時間ももっと長いと認められています。

ジスロマックは強力な抗菌効果を持つために、各種類の感染症に広く利用されています。例えば、クラミジアや淋病などの感染症、細菌感染で起こる歯周病、肺炎、肺膿瘍、尿道炎や子宮頸管炎などの炎症に優れた効果があると言われています。

ジスロマックの服用なら、使用の場合と病気の症状によって違っています。クラミジアや淋病などの感染症に使われている場合、及び急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍などの場合、1日1回、1回500mgを3日間服用します。尿道炎や子宮頸管炎の場合には、1000mgを1日1回で服用します。

アレルギー体質の人、心臓病や重い肝臓病がある人はジスロマックの服用をできるだけ避けたほうがいいと思われています。ジスロマックを使用している間、胃痛、吐き気や下痢などの副作用が起こることが珍しくないですが、通常の場合、それらの副作用は軽い症状で、そんなに心配する必要はありません。もし、発熱、皮膚に発疹や水ぶくれが出ることなどの重篤な症状が出る場合、ジスロマックの服用を中止し、早めにお医者さんと連絡してください。

ジスロマック・ジェネリック
ジスロマック・ジェネリックはジスロマックと同じな成分アジスロマイシンを配合して、価格はジスロマックよりかなり安い感染症の治療薬です。その中で一番代表的なジスロマック・ジェネリックはアジーです。アジーはクラミジアや淋病などの感染症、及びいろいろな細菌で起こる炎症に効果があります。また、価格が安いことを加えて、今の感染症の治療薬の市場で圧倒的な人気があります。

健康サポート情報:シアリス体験談|私、斎藤のED治療回想録