性感染症「トリコモナス膣炎」

ピンポン感染を起こしやすい

トリコモナス原虫が寄生することによって起こる膣炎です。トリコモナス原虫は健康な女性でも膣や膀胱に、男性も膀胱や尿道に寄生していることが多いため、互いに病原体をやりとりする「ピンポン感染」を起こしやすいSTDです。ともすれば、先にどちらが感染させたかという犯人探しになりがちですが、大事なことは2人ともきちんと治療することです。

ほとんどの場合はセックスで感染しますが、まれにおふろやトイレの便座、感染者の衣類からうつることもあります。感染しても元気なときは特に症状がありません。体力が落ちて膣の自浄作用が低下したときに発病します。

感染後1、2週間したころに、黄色や緑がかつた色の、うみのような悪臭のするおりものが増えてきます。おりものに泡がまじつていることもあります。外陰部のかゆみや痛みもあります。

男性は自覚症状がない

炎症が外陰部まで広がると、膣が赤くはれ、排尿時やセツクスのとき、またおふろに入つたときなどにヒリヒリ痛むこともあります。しかし、男性は感染してもほとんど自覚症状がないので、知らずに感染を広げていることもあります。

治療は内服薬と膣坐薬を同時に使います。約2週間で治りますが、症状が消えても膣の奥に原虫が生き残っているため、途中で治療を中断しないようにしましょう。

パートナーといっしょに治療を受け、治療後しばらくしてから、再発していないか再検査を受けたほうがいいでしょう。