ジスロマックの飲み方は間違っている?正しい方法を教えてあげます!

ジスロマックは、クラミジアや淋病、梅毒といった性病全般に効果が期待できる抗生物質です。特にクラミジアには副作用が最も少なくて、短期間で高い効果がある薬です。他には尿道炎、子宮頸管、炎皮膚感染症、呼吸器感染症などにも効果ができます。副作用が少なく長い持続性があるから、子供でも大人でも服用ができる薬です。

ジスロマックの正しい飲み方は、コップ一杯の水と共に、成人なら1日1回、2錠を3日続けて服用します。尿道炎の場合は1回の容量を倍の4錠にし、1日1回、3日続けて服用します。この時のジスロマックは250mgの容量です。大体24時間あけて1回の服用を守って下さい。3日間の服用で約1週間の効果があるとされています。500mgのタイプであれば、1日1回、2錠の服用のみで1週間の効果があります。

薬を飲むタイミングは食前食後の指定はないですが、まれに下痢の症状が出ることがあるのでなるべく食後2時間以上たってから服用し、服用後2時間は食べないようにして下さい。薬を飲み忘れた場合でも、一気に飲んだりしないようにして下さい。

ジスロマックは副作用は副作用の少ない薬ですが下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、じんましん、発疹、胃痛、発熱などの症状があらわれることがあります。このような症状が出たら、服用をいったん中止し、病院で相談して下さい。

また他の薬と一緒に服用はしないようにして下さい。特にエルゴタミンを含む製剤と併用してしまうと血管委縮を起こしてしまうから、常用している場合は医師に相談することをおすすめです。

通販で購入することが可能な薬ですから、副作用がある場合も考えてください、初回は病院で処方してもらい、次回から通販で購入するほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です