ジスロマックの副作用

ジスロマックは、アジスロマイシン水和物を主成分とする抗生物質で、クラミジアや淋病などの感染症を治療する医薬品です。
ジスロマックは、比較的副作用が少ないといわれていますが人によっては副作用が出てしまうことがあります。ジスロマックを服用して生じる可能性がある副作用としては、
・下痢になってしまう
・胃痛がする
・吐き気を催す
そして、下痢の症状が多いです。下痢の副作用は1日〜2日で治ることが多いので、過度な心配は不要です。
ジスロマックを服用してよく見られる症状として、胃腸症状が挙げられます。
胃痛や吐き気または下痢などの症状が良くみられ、ほとんどの場合には軽い症状で治まります。 それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。
死に至るような副作用があるわけではありませんが、併用禁忌薬がたくさんあったり、飲み合わせのよくない成分も多いので、服用前には事前に理解しておいてください。
ペニシリン系の抗生物質などに比べてアレルギー症状を引き起こしてしまうことは少ないと言われていますが、アレルギー体質な方は注意が必要となります。 絶対に併用していけない薬はタダラフィル肺動脈性肺高血圧症治療薬、ピモジドプチロフェノン系の薬剤。